読まれなくても困らない

読まれなくても困らないですよ!

満たしている

 

一定の条件や資格を故人様や喪主様が十分に満たしていることで、国からの有難い葬祭扶助制度がめでたく適用される運びになるわけであります。

しかし万一、故人様の遺留金などがある場合、故人様の収入状況によりましては葬祭扶助額があえなく減額されたり、葬祭扶助自体が最初から全く受けられなくなったりする場合も発生するわけであります。

また、葬儀自体がつつがなく終わったあとになってから葬祭扶助を申請しても、喪主様本人の能力で葬儀費用はまかなえたものとみなされ、葬祭扶助申請がぜんぜん認められないようなミジメなこともありえますね。

故人様や喪主様が葬祭扶助を申請手続きすることで国から支給される葬祭扶助の実際の金額は、もちろん葬祭扶助を申請する相手である地方自治体のやり方や、当該年度によってコロコロ変わったりするものであります。

全国平均的かつ大体の葬祭扶助金額の目安は、最大支給金額でも20万円前後ぐらいが関の山となっているようです。

そして、葬儀本番が何事もなくスムーズに終了した後、葬儀会社から管轄の福祉事務所に対しまして、当該葬儀内容を記載した専用の書類で葬儀費用がいよいよ請求されます。

ついには、葬儀にかかった費用が、国から葬儀会社に対して支払われるという見事なまでのシステムになっているわけであります。

この際、管轄の福祉事務所と葬祭扶助申請者本人の間における実際の金銭のやりとりなどは、一切ありえませんね。

 

いい葬儀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です